/

この記事は会員限定です

宇宙予算、初の5000億円超え 手放しで喜べぬ大幅増

編集委員 小玉祥司

[有料会員限定]

日本の宇宙関連予算が初めて年間5000億円の大台にのった。2年連続の大幅増で長年の目標に到達したかっこうだ。しかし関係者からは目標到達を評価する一方で、内容の分析を求める声もあがる。急速に進む宇宙の商業化や安全保障面の役割拡大に対応しながら、科学探査や基礎的な技術開発にどこまで資金を確保するかも課題になる。

「内容の分析が必要」

22日に成立した2022年度当初予算と21年度補正予算とを合わせた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1899文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン