/

この記事は会員限定です

非常時対応、既存制度改革で 社会保障 次のビジョン

鈴木亘・学習院大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○コロナ経済対策では多くの新施策が創設
○本来の対象以外へのバラマキで規模膨張
○雇用調整助成金は期間制限など改革急務

新型コロナウイルス感染症では、今後も新たな変異型が発生するたびに感染の波が起きることは覚悟すべきだろう。まさにコロナと共に生きるウィズコロナの時代だ。また近年、大規模災害や地域紛争のリスクが高まっており、いつまた想定外の経済ショックに見舞われるか分からない。

問題は今後もショ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2643文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

経済教室

マクロ経済学などを専門とする学者や有識者が内外の論文やデータを紹介しながら、学術的な視点から経済の動きをわかりやすく解説します。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン