/

この記事は会員限定です

支配の正当性、巧みに演出 中国共産党100年

青山瑠妙・早稲田大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○時代の変化への適応能力が強靱性に寄与
○習体制は党集権と市場経済を同時に推進
○経済格差の拡大や国際環境の悪化が重荷

中国共産党は7月に建党100周年を迎える。中国は2010年に日本を抜き世界2位の経済大国になったが、政治面では民主化に逆行する。冷戦終結後の西側先進国による関与政策は失敗したようにみえる。

中国共産党体制はなぜ強靱(きょうじん)なのか。それは抑圧と支持獲得を使い分けているからだ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2631文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン