/

この記事は会員限定です

東大VR教育研究センター、アバター使う教育探る

UPDATE知の現場

[有料会員限定]

東京大学のバーチャルリアリティ教育研究センターは文系や理系といった学問領域の垣根を越えて、仮想現実(VR)の研究に取り組んでいる。具体的には値ごろ感のあるVRの機器などを使う教育を広めることに力を入れている。企業との共同研究も進めており、サービス業や消防士向けにVRを用いた訓練の設計も担う。

自宅の机の前で、VRヘッドマウントディスプレー(HMD)を装着した学生が熱心にうなずいている。見えているの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1056文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン