/

この記事は会員限定です

米国の関与、重要な要素に 韓国大統領選と日韓関係

木村幹・神戸大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○新政権は日本を米国の同盟国として重視
○歴史認識や経済関係では歩み寄りみせず
○対中包囲網で韓国排除なら日米に火種も

韓国の新政権誕生に際して、日本の一部から一方的な期待が向けられるのはいつものことだ。

典型的な事例は、2012年の大統領選での朴槿恵(パク・クネ)氏当選時の状況だ。当時は政権末期の李明博(イ・ミョンバク)氏が竹島に上陸したことなどで、日韓関係が急速に悪化していた。だからこそ親...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2607文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

経済教室

マクロ経済学などを専門とする学者や有識者が内外の論文やデータを紹介しながら、学術的な視点から経済の動きをわかりやすく解説します。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン