/

この記事は会員限定です

若手研究者に自由と独立保証 京大「白眉」から人材輩出

科学記者の目 編集委員 滝順一

[有料会員限定]

研究力低下の危機が指摘される日本の科学の復活には、若手研究者の育成が重要な課題だ。政府は若手支援に力を入れ始めたが、非常に先駆的でユニークな取り組みが京都大学にある。2010年度から研究者の受け入れを始めた「白眉プロジェクト(次世代研究者育成支援事業)」だ。

「白眉」とは抜きんでて優れた人物を指す。文理を問わず助教、准教授クラスの若い研究者を国際公募。年俸制の特定教員として採用して最長5年間にわた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2300文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン