/

この記事は会員限定です

改善の好機、相互信頼醸成を 韓国大統領選と日韓関係

陳昌洙・世宗研究所日本研究センター長

[有料会員限定]
ポイント
○新政権発足で日米韓協力の諸課題進展も
○過去の政権の失敗に学び戦略的な外交を
○元徴用工問題では両国の協力と譲歩必要

韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)新大統領の誕生は、対日政策の変化を予想させる。文在寅(ムン・ジェイン)政権は、元徴用工問題をはじめとする韓日関係を放置して最悪の状況を作った。文政権は任期後半になり日本との対話を主張したが、実質的対話の実現どころか日本から冷遇を受けた。

文政権の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2616文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

経済教室

マクロ経済学などを専門とする学者や有識者が内外の論文やデータを紹介しながら、学術的な視点から経済の動きをわかりやすく解説します。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン