/

この記事は会員限定です

SNSの公共性問う マスク氏のツイッター買収提案

[有料会員限定]

米起業家のイーロン・マスク氏がSNS(交流サイト)大手、米ツイッターの買収を提案した。日々2億人以上が使い、インターネット時代を象徴する表現の場になったが、「言論の自由」のため体制刷新が必要だと訴える。ツイッターの力を引き出せると自信をみせるが、自由とネットの公共性をどう両立させられるのかは未知数だ。

「最大限に信頼され、広く人々に受け入れられる公のプラットフォームを持つことが文明の未来にとって...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1150文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

村山 恵一

IT(情報技術)、スタートアップをカバーする。シリコンバレー駐在時には、iPhone投入で絶頂期を迎えたジョブズ氏率いるアップルを取材した。編集委員、論説委員を経て2017年2月より現職。近著に「STARTUP 起業家のリアル」。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン