/

この記事は会員限定です

地方財政を潤す公営ギャンブル

点照

[有料会員限定]

新型コロナウイルスのもとで厳しい経済情勢が続くものの、巣ごもり需要を背景に売り上げを伸ばす業種も少なくない。地方競馬や競艇などの公営ギャンブルもそうだ。公営競技がもたらす分配金は地方財政を潤している。

東京シティ競馬の愛称で知られる大井競馬。7月中旬のレースは緊急事態宣言の発令で無観客で開催された。

それでも大井の勝馬投票券(馬券)の販売は好調だ。2020年度の売上高は1728億円と前年度を18%...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り770文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン