/

この記事は会員限定です

能楽のバリアフリーが進化 手話が面白さ加える

[有料会員限定]

能楽界のバリアフリー化が進んでいる。点字・手話通訳に加えて、舞台上の役者も手話を使い始めた。車椅子用トイレなど設備も整った能舞台が増えて、古典芸能をより身近なものにする。

8月下旬、喜多能楽堂(東京・品川)で「手話で楽しむ能狂言鑑賞会」が開かれた。能の主要な役と狂言がどちらも手話を使う舞台で、関係者は「日本の能楽史上、おそらく初めての試みだったのでは」という。40年近く手話狂言に取り組んできた日本...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1198文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン