/

この記事は会員限定です

遺贈寄付の普及阻む税制 脇坂誠也氏

税理士

[有料会員限定]

我が国では今後、少子高齢化の進展とともにおひとりさまの相続がかなりのペースで増加することが予想される。子供のいない高齢者で配偶者が先に亡くなったり、独身だったりした場合、相続人は兄弟姉妹やおい・めいだ。その兄弟姉妹も高齢で、おいやめいには何十年も会っていないケースもあり、親族への多額の財産承継を望まない人が増えている。

そこで注目されているのが遺贈寄付だ。遺贈寄付は自分の財産の全部または一部を遺...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り948文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン