/

この記事は会員限定です

企業実習「コーオプ教育」 有給で長期間、実践力養う

[有料会員限定]

東京工科大学が長期間、有給で企業実習する「コーオプ教育」を工学部で必修化して7年がたった。その成果と課題についてコーオプセンター長の戸井朗人教授に寄稿してもらった。

東京工科大学工学部は2015年の創設以来、学部(入学定員280人)の学生全員が対象の必修科目として「コーオプ教育(コーポラティブ・エデュケーション)」を実施してきた。

コーオプ教育は大学の専門的教育と実社会での就業経験を組み合わせ、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2148文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン