/

この記事は会員限定です

投稿が映す首相の家族観 内助の功は昭和の遺物

編集委員 大林 尚

[有料会員限定]

言わずもがなだが、家族のかたちは多様で自由だ。

菅義偉前首相はプライベートな面をほとんど見せなかったが、岸田文雄首相は時折ソーシャルメディアで私生活を公開している。

菅氏に一敗地にまみれた昨年の自民党総裁選に出馬を表明した日の深夜、ツイッターに載せたのは食卓に着く自身と、控えめにほほ笑むマスクにエプロン姿の妻裕子さんの姿だった。「夜のテレビ出演の合間に、上京してきてくれた妻が食事を作ってくれまし...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1904文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン