/

石本正展 「ヌードの舞妓」に至る独創の軌跡

石本正「裸婦」(1967年、個人蔵)

裸婦で知られる日本画家、石本正(いしもと・しょう、1920~2015年)の初の大規模展「生誕100年 回顧展 石本正」が松江市の島根県立美術館で開催中だ。1950年代末にヌードの舞妓(まいこ)を描いて画壇に衝撃を与え、95歳で亡くなるまで現代の裸婦像に取り組んだ。今回、最大のコレクションを持つ石本の個人美術館、浜田市立石正(せきしょう)美術館(島根県浜田市三隅町)が門外不出とする作品群を初めて貸し出し、これを核とする約180点で画業の全貌を紹介している。

現在の浜田市三隅町に生まれ、京都市立絵画専門学校(現・京都市立芸術大学)で写実を基本とする円山・四条派の技法を身につける。一方、少年時代から油彩画になじんだこともあり、日本画の枠にとらわれず技法の可能性を追求した。厚塗りの絵の具を油彩のナイフで削ったり、フレスコ画の手法を取り入れたり。ヌードの舞妓という独創も、こうしたチャレンジ精神が生んだ。

日本画家の土田麦僊、竹内栖鳳らの名作にも描かれた舞妓。しかし1959年に石本が発表した「横臥舞妓」はその伝統を覆すものだった。日本髪を結い、首から上に白く化粧を施した舞妓が一糸まとわぬ姿で横たわる。実際はモデルを使って制作したものだが、生々しい裸体は新聞紙上で「見事な失敗作」と酷評された。

石正美術館主任学芸員の横山由美子氏は「石本は舞妓を現代に生きる女の子ととらえていた」と話す。「伝統的な衣装を身につけている中には田舎から出てきた子もいる。そのアンバランスなギャップを描いたのかもしれない」。外見の美しさだけでなく「人間の内面のリアリティーがにじみ出だす、自分にしか描けない舞妓」をとらえようとしたとみる。その後、こよなく愛した仏像の表情も舞妓や裸婦に重ねるようになったといい、その変遷もたどることができる。5月24日まで。9月から2022年4月にかけて愛知など3会場に巡回する。

(窪田直子)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン