/

この記事は会員限定です

GX国債20兆円のからくり 投資促す「首相の決意」演出

編集委員 清水真人

[有料会員限定]

岸田文雄首相は脱炭素社会を目指し、10年間で150兆円超の官民協調投資を急ぐ構想を表明した。民間の長期大型投資の呼び水として、多年度にわたる20兆円の財政支援枠を検討する。当面は「GX(グリーントランスフォーメーション)経済移行債」と呼ぶ国債で予算を賄い、いずれ温暖化ガスの排出量に応じて課税する炭素税などの「カーボンプライシング」で償還財源を確保するからくり。複雑で大がかりな枠組み作りに課題は山...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1581文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン