/

この記事は会員限定です

「冷戦長期化は有益」の視点を 経済安全保障の論点

國分俊史・多摩大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○米中冷戦の決着を急ぐと最悪の結果招く
○企業の市場支配回避へルール変更不断に
○日本企業は冷戦長期化に貢献する戦略を

米中冷戦は30年以上続くと聞くと、多くの企業人はけげんな表情を浮かべる。しかし冷戦が長期化する方が、日本および世界にとって有益という考え方に人々は気付いていない。冷戦が実際の戦争(熱戦)にならない状態こそが平和な状況という理解に乏しいのだ。

急激に力の均衡が崩れる方が、戦争リ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2633文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

経済教室

マクロ経済学などを専門とする学者や有識者が内外の論文やデータを紹介しながら、学術的な視点から経済の動きをわかりやすく解説します。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン