/

15日のプラス9 弱体化か停戦交渉か、ロシア巡り欧米に溝

(更新)

15日から北大西洋条約機構(NATO)国防相理事会が開かれます。ロシアによるウクライナ侵攻を巡り欧米各国の間で、ロシアを弱体化させるのか、停戦交渉を続けるのか、溝ができています。今夜のBSテレ東「日経ニュースプラス9」(午後8時54分~、https://www.bs-tvtokyo.co.jp/plus9/)は、キヤノングローバル戦略研究所の宮家邦彦研究主幹と政策研究大学院大学の岩間陽子教授をゲストに、ウクライナ危機の今後を展望します。

中国人民解放軍の関係者が兵器に転用可能な先端技術を狙い、日米欧の研究者に接近していることが、日経の独自調査で分かりました。調査を担当した記者が詳しく解説します。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン