/

この記事は会員限定です

ライフ創業者 清水氏の遺言「ずっと戦後でいい」の真意

編集委員 田中陽

[有料会員限定]

今でもあの時のことは鮮明に覚えている。2005年12月15日、東京都内で開かれたダイエー創業者、中内㓛氏の「お別れの会」の冒頭、日本スーパーマーケット協会の会長だった清水信次氏(ライフコーポレーション会長)による開会の辞での光景だ。

マイクの前に立った清水氏。15秒ほど間を置き、深呼吸をしてから話し始めた。

「今を去る60年前の敗戦で、酷寒零下40度のソ満国境綏芬河(すいふんが)の関東軍国境守備...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2590文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません