/

この記事は会員限定です

緊急時のオンライン国会「合憲」 衆院憲法審が独自解釈

編集委員 清水 真人

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染が広がって2年超。「オンライン国会」実現に向けた議論がやっと動き出した。衆院憲法審査会が、緊急事態でも国会の機能を維持するため、「オンライン出席」も例外的に認められる、との独自の憲法解釈を打ち出した。例外の対象や技術面も含めた制度設計に課題はなお山積だが、国会改革の一歩だ。

折しもウクライナ政府が、大統領ウォロディミル・ゼレンスキーによる国会での「オンライン演説」を日本政...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2938文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン