/

東大の山口氏ら5氏受賞 日経・経済図書文化賞表彰式

日本経済新聞社と日本経済研究センターは15日、2021年度・第64回「日経・経済図書文化賞」の表彰式を東京・大手町の日経本社で開いた。式では出席した5人の受賞者に賞状と記念品が手渡された。

受賞作品は山口慎太郎・東京大教授の「子育て支援の経済学」(日本評論社)、大橋弘・東京大教授の「競争政策の経済学」(日本経済新聞出版)、中島楽章・九州大准教授の「大航海時代の海域アジアと琉球」(思文閣出版)、櫻川昌哉・慶応大教授の「バブルの経済理論」(日本経済新聞出版)、小林佳世子・南山大准教授の「最後通牒ゲームの謎」(日本評論社)の5点。

審査委員長の吉川洋・立正大学長の代理として大竹文雄・大阪大特任教授が「どの本も日本の経済学の発展に大きく貢献するものであり、今後も受賞作以上の本が出版されることを祈念したい」と講評を述べた。受賞者の挨拶では山口氏が「子育てという身近な問題だからこそ、科学的な研究成果を政策に反映してほしい」と話していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン