/

この記事は会員限定です

「自然実験」で因果関係推定 ノーベル経済学賞に米3氏

川口大司・東京大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○最低賃金引き上げや従軍経験の影響推定
○実証経済学や計量経済学の手法にも影響
○質の高いデータへのアクセスの意義示す

2021年のノーベル経済学賞は3人の米経済学者が受賞することになった。

うち半分は労働経済学の実証分析への貢献で、米カリフォルニア大バークレー校のデービッド・カード氏に贈られる。残る半分は労働経済学に深く関係した計量経済学の方法論への貢献で、米マサチューセッツ工科大(MIT)の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2618文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン