/

この記事は会員限定です

多様な国・企業参加で強靱化 サプライチェーンの行方

椋寛・学習院大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○米国の対中関税引き上げは日本にも負担
○特定国の排除や囲い込みは得策ではない
○生産拠点の国内回帰はむしろ脆弱化招く

国境をまたぐサプライチェーン(供給網)の構築は、タスク(業務)レベルの細かい国際分業を可能にし、生産効率化の恩恵をもたらしてきた。また途上国の多くがサプライチェーンに参画することで、経済発展を実現してきた。しかし近年、サプライチェーンが寸断されるリスクが顕在化し、その再編と強靱...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2628文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン