/

この記事は会員限定です

ディスカバー・ジャパン 海外勢、「安い日本株」再発見

一目均衡 編集委員 川崎健

[有料会員限定]

「汚いシャツの中では一番きれい(The cleanest dirty shirt)」。9月末から10月初旬にかけて50社近くの欧米投資家を訪問した野村証券の池田雄之輔チーフ・エクイティ・ストラテジストによると、日本株は今、海外勢からこう呼ばれているという。

約40年ぶりの高インフレと急激な利上げに起因する株価調整が止まらない欧米市場から眺めると、今の日本株の投資環境は「相対的にマシ」とみえるよう...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2386文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません