/

この記事は会員限定です

インドビジネス、カギは人材育成 佐藤隆広氏

神戸大学経済経営研究所教授(インド経済論)

[有料会員限定]

3月に岸田文雄首相がインドを訪問し、官民で5兆円の対印投資目標を表明したが、これは決して無理な金額ではない。インドには最先端のスタートアップがひしめき、自動車部品や消費財メーカーに出資し買収するといったM&A(合併・買収)も有望だ。日本の産業界にとって大きなチャンスとなるだろう。

かつては自動車や家電などが中心だった日系企業は今、消費財やサービス産業などに業種が広がり、進出先もデリー首都

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り963文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン