/

この記事は会員限定です

生ジョッキ缶・洗剤・学生服、「サボり願望」つかむ

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

アサヒビールが4月に発売した「生ジョッキ缶」は、同社にとって久しぶりのヒットになった。プルタブを抜くと、蓋が全開になり、細かい泡が発生する。麦芽の香りも強く感じられ、生ビールのような味わいを楽しめる。

アサヒは2012年、飲み口を従来の1.3倍にして世界最大と銘打った「ダイレクトショット」を発売した。しかし、当時は顧客に全く響かなかった。従来の発想の延長ではヒットしないと見て、今回の生ジョッキ缶の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1165文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン