/

この記事は会員限定です

マネロン対策「合格」できず 外圧で進む日本の治安政策

編集委員 坂口祐一

[有料会員限定]

「カネに色は付いていない」。額に汗して手にしたものも、誰かからだまし取って得たものも、おカネはおカネ。日本社会にこんな感覚が、はびこっているわけではないだろう。では、なぜ――。

日本のマネーロンダリング(資金洗浄)防止の取り組みが、国際社会で合格点をとれないままでいる。マネロンやテロ資金対策を担う国際組織、金融活動作業部会(FATF、事務局・パリ)が8月末に公表した審査の結果で、日本の総合的な評...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2177文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン