/

この記事は会員限定です

セル・イン・メイは終了か 株安招いた「悪いインフレ」

編集委員 川崎健

[有料会員限定]

これほど的中率の高いアノマリー(相場の経験則)もあまりないだろう。日本の投資家にもよく知られた「セル・イン・メイ(株は5月に売れ)」だ。米国株安を震源に今週大きく崩れた株価は14日に切り返したが、これで「5月売り」の嵐は本当に終わったのだろうか。その答えを知るには、株安の引き金を引いた「米インフレ懸念」の中身を探る必要がある。

「インフレへの警戒が株安を招いたという一般的な相場解説は必ずしも正確で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1973文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン