/

この記事は会員限定です

政策運営、危機対応から脱却 参議院選挙後の岸田政権

村田啓子・立正大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○一時的な所得増では消費拡大に直結せず
○コロナで一層遠のいた財政再建へ道筋を
○「人への投資」は成長と分配の好循環の鍵

参院選で自民党が大勝し与党は政権を維持することとなった。日本経済はコロナ禍による落ち込みから持ち直しつつあるが、円安や資源価格上昇により消費者物価は上昇しており、下振れリスクも生じている。選挙後の岸田政権が経済政策運営で意識すべきポイントとして3点を指摘したい。

◇   ◇...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2627文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

経済教室

経済学などを専門とする学者や有識者が内外の論文やデータを紹介しながら、学術的な視点から経済の動きをわかりやすく解説します。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン