/

この記事は会員限定です

[社説]社会保障の給付と負担の改革に本腰を

[有料会員限定]

岸田文雄政権が発足して5カ月余りがたった。日本が抱える最重要課題のひとつである社会保障制度の負担と給付の改革に、そろそろ本腰を入れるべきである。

政府は9日の全世代型社会保障構築会議で社会保障改革の当面の論点を示した。政権の重要政策である「人への投資」の観点から、子育て支援の強化や勤労者皆保険の実現、家庭における介護の負担軽減などを検討するという。

2021年の日本の出生数は84万2897人と6...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り734文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン