/

この記事は会員限定です

クラスアクションは経済に貢献する 渡辺安虎氏

東大教授

[有料会員限定]

企業などの不当行為に消費者が泣き寝入りすることを防ぐ、さらには企業が不当な行為に走ること自体を抑止する――。2016年10月に導入された消費者裁判手続き特例法に期待された役割だ。この制度は日本版クラスアクション(集団訴訟)とも呼ばれ、被害をうけた消費者が代表者をまとめ役として集団で訴訟することを可能にした。

集団訴訟というと「アメリカのような乱訴社会になる」といった反応がありがちだ。しかし不当な...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1019文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン