/

この記事は会員限定です

懸念少なく金利正常化に益 米インフレの行方

ガウティ・エガートソン ブラウン大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○一時的な供給不足が原因、いずれは解消
○FRBの適切な対応で70年代の再現ない
○バイデン政権の積極財政もリスク小さい

このところ、米国ではインフレ懸念が驚くほど高まっている。例えば、米放送局NBCの世論調査によると、米国人の71%がバイデン米大統領の経済政策がインフレにつながるのではないかと「いくらか懸念している」という。

こうした懸念が最初に生まれたのは、2021年初めにバイデン政権が新型...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2541文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン