/

この記事は会員限定です

広域FTAで生産網強化を ASEAN統合の未来

安藤光代・慶応義塾大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○東アジア生産網はコロナ禍の中でも強靭
○域内外の機械貿易でASEANの貢献大
○電子商取引などの国際ルール作りが急務

東アジアでは、グローバルバリューチェーン(国際的な価値の連鎖=GVC)の精緻な形として、機械産業を中心とした国際的生産網の構築が進んでいる。

GVCの脆弱性がしばしば取り沙汰されるが、東アジアの生産網はアジア通貨危機(1997年)、世界金融危機(2008~09年)、東日本大震...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2635文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

経済教室

マクロ経済学などを専門とする学者や有識者が内外の論文やデータを紹介しながら、学術的な視点から経済の動きをわかりやすく解説します。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン