/

この記事は会員限定です

故・水島新司さん(漫画家) バットをペンに持ちかえて

追想録

[有料会員限定]

「出刃とバット」という短編がある。代表作となる「ドカベン」や「あぶさん」の連載開始とほぼ同時期、1973年の作品だ。

新潟の鮮魚店に生まれた野球好きの少年。家庭の事情で高校進学を断念するが、白球への未練を捨てきれない。バットと出刃包丁を持ってふるさとを後にし、やがて料理人として成長していく――。

包丁をペンに代えればほぼ自身の半生記である。中学卒業後、家業の合間に描き上げた作品が新人賞を受賞し、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り631文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

著名人のありし日を偲ぶコラム「追想録」の記事サイトです。故人の人となりや業績、逸話などを経験豊富な日経の編集委員や記者が振り返ります。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン