/

この記事は会員限定です

星野リゾートの「勝手にSDGs」 コロナ後の観光の鍵に

編集委員 石鍋仁美

[有料会員限定]

新型コロナウイルス禍で旅館など観光業は打撃を受けた。政府に支援を求める声が多い中、逆風を事業構造やマーケティングの進化につなげ、コロナ後への準備を進めたのが星野リゾート(長野県軽井沢町)だ。

国内外で運営するホテルなど50を超す施設はコロナ流行初期、宿泊客が急減した。「より遠くから、より多くの人を呼ぶ。そうした流れの中で、地元や地域とのつながりがおろそかになっていなかったか」。星野佳路代表は省み...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1039文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ビジネスに知見が深い編集委員らが独自の視点で企業の経営戦略を論じます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン