/

BSテレ東「日経ニュース プラス9」刷新 コンテンツ連携一段と

BSテレビ東京の報道番組「日経ニュース プラス9」(月曜~木曜日午後8時54分~9時54分、金曜日午後9時54分~10時54分)が4月4日から内容を刷新します。日本経済新聞と連携を強め、1面連載企画やデータ報道などと連動して関連取材を実施。経済ニュースを分かりやすく映像にしてお伝えします。

最大の柱となるのが特集コーナーの充実です。日経1面で連載する企画に構想段階から参画。紙面に掲載したニュースの映像化だけでなく、取材時の映像などもあわせて紹介します。記者が生出演して解説するなど新たな取り組みを始めます。時間も従来の約1.5倍にあたる30分程度に拡大します。

連動企画はすでに動き始めています。1月に連載した「大中国の時代」との企画を2夜連続で放送。1日目は「恒大ショック」に揺れる不動産市場の現状を分析しました。

緊迫する台湾問題を取り上げた2日目は、中国本土から台湾海峡に浮かぶ小さな島まで架かる巨大な橋を取り上げました。中国が台湾まで橋を延ばして台湾を支配しようとする狙いがあることを放送しました。この企画では紙面を編集した阿部哲也デスクのほか、取材した中国総局や台北支局の記者も出演しました。

記事を焼き直して映像化するのではありません。取材班に加わり取材相手の反応を映像におさめ、さらに記者に出演してもらい問題意識を語ってもらうことで番組の内容は深くなります。刷新にあわせて1面連載「カイシャの未来」なども準備しています。

もう一つがデータ報道との連動企画です。ここ数年、衛星データなどを活用して経済や社会の隠れた実像を明らかにする動きが広がっています。日経ではデータ報道に取り組んでおり、映像で表現することで、より分かりやすく視聴者にお届けします。第1弾として、地球温暖化が都市のインフラ機能にどう影響するか予測する「都市と気候危機」企画を放送しました。

番組の刷新に伴いキャスターも一部衣替えします。月曜日はグローバル経済に精通した西村博之編集委員、木曜日はデジタル分野に詳しい小柳建彦編集委員、金曜日は資産運用の専門家の高井宏章編集委員を起用しました。引き続き火曜日と水曜日を担当する山川龍雄キャスターとともにお送りします。

スマートフォンでQRコードを読み込むと「日経ニュース プラス9」のサイトで放送内容などをお読みいただけます。

厳選 きょうの記事5本

ニュースは厳選して放送します。日経電子版が発信する膨大な記事の中から、編集責任者がピックアップした「きょう見ておくべきニュース」5本を東京・大手町の日経スタジオからお伝えします。

5本の記事には、当日起きた重要なトピックはもちろん、目立たなくても見逃せない経済の変化、統計などを深く分析して得られた意外な事実なども入ってきます。あすのビジネス、投資、暮らしに役立つ情報が詰まったラインアップです。

ほかのメディアに先駆けてつかんだ「イブニングスクープ」などホットな記事を単に伝えるだけではありません。最前線の記者やデスク、ベテランの編集委員らがスタジオに駆けつけて生解説します=写真。徹底取材でつかんだニュースの生々しい深層を分かりやすく見せる、ほかでは見られないオンリーワンの報道を追求します。

NIKKEI LIVEと連携

日経の編集委員や専門記者が旬の話題を解説・議論する日経電子版の動画コンテンツ「NIKKEI LIVE」とも連携します。その日に起きたニュースをいち早く解説する「NIKKEI LIVE fast」や著名人のインタビュー、討論などのダイジェスト版を放映し、多面的に解説します。

すでに連携は始まっています。1月は米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果を大塚節雄・金融政策・市場エディターが解説した「FOMCスピード解説」を紹介。2月には北京冬季五輪開催直前の北京の様子を桃井裕理・中国総局長らが伝えた「ゼロコロナvsオミクロン 緊迫の北京五輪」のダイジェスト版を放送しました=写真。

今後はNIKKEI LIVEが持つ視聴者からの質問を受ける機能を活用し、インタラクティブなニュース報道のあり方を探ります。

毎週金曜はZ世代に照準

放送時間が1時間遅い金曜日は、Z世代など若者の関心が高いコンテンツを立ち上げます。投資熱が高い若年層に向けた「マネーのまなび」では、投資信託や株式投資に詳しいファイナンシャルプランナーなどをゲストに迎えて、分かりやすく解説します。

中村直文編集委員の人気コラム「ヒットのクスリ」とも連動します。ヒット商品が生まれにくい今、映像取材とともにスタジオに企業のキーマンを招き、マーケティングの裏側を深掘りします。

日経電子版の独自コンテンツや、日経MJの企画ともタッグを組みます。執筆した記者が解説し、知っておきたいトレンドなども紹介。モデルのトラウデン直美さん=写真=がZ世代ならではの視点でビジネスの現場を取材する「Zのギモン」も新設します。放送中に視聴者から質問をSNS(交流サイト)で受け付けて答える試みも始めます。

FT記者がポイント解説

番組改編の柱のひとつが、グローバル報道のさらなる深化です。日経グループの国際報道ネットワークをフルに活用し、正確かつ深い解説をお届けします。

毎週月曜日は英フィナンシャル・タイムズ(FT)が独自の視点で取材した記事の中からタイムリーな1本をピックアップ。執筆した記者がVTR出演し、ニュースを読み解くうえで重要なポイントを解説します=写真。

日本では、あまり報じられない海外メディアならではの注目ニュースを多角的な視点で分析します。重要なニュースが発生した場合には、FTの記者や要人との生中継での解説も検討していきます。

37カ所に及ぶ日本経済新聞の海外支局網を生かしたニュース解説も一段と充実させます。現地駐在の記者と中継を結び、いち早く解説します。メディアミックスの特性も存分に生かしたグローバル報道にご期待ください。

ローカル5局とコラボ

毎週火曜日の目玉が「LBSローカルビジネスサテライト」です。日本経済新聞と地方のTXN系列のテレビ局5局が共同制作する経済ニュース企画です=写真。昨年10月に系列局と日経電子版などで始まり、視聴者や読者から多くの反響がありました。約50回を数えたところで定番コーナーに決まりました。

新型コロナウイルス禍、ウクライナ危機、デジタルトランスフォーメーション(DX)、多様性……。時代の転換点に立つ今だからこそグローバルの対極といえる、身近なローカルの価値が高まっています。「意外と知らなかったけど、自分たちの地域でも参考になる」といった題材が数多くあります。

日経の大阪本社や支社・支局が各地のテレビ局と共同で企画、取材して作ります。ローカル経済の底力と地方企業の躍動を伝え、地域の発展に結びつく処方箋を示し、新時代のヒントを探ります。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン