/

この記事は会員限定です

韓国の曖昧さが招く米国との緊張 スー・キム氏

米ランド研究所政策アナリスト

[有料会員限定]

バイデン米大統領と韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は5月、ホワイトハウスで初の対面式の会談に臨んだ。両首脳の発言や発表などによると、(「朝鮮半島の非核化」に向け対話をめざすという)北朝鮮問題が最も重要な議題の一つだったようだ。中国へのメッセージは、対北朝鮮よりはるかに微妙なものだった。

日米豪印4カ国の枠組み「Quad(クアッド)」活用を確認するなど、中国を念頭に置きつつも、名指しは避けたかた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1534文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン