/

この記事は会員限定です

経営に複雑さを許す覚悟を ダイバーシティー実践の課題

山田仁一郎・京都大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○株主・外部役員は多様な利害・帰属を持つ
○たゆまぬ変革を支えるストーリー共有を
○制度改革には継続と確たる見通しが必要

企業経営と組織全般でダイバーシティー(人材の多様性)が耳目を集めている。中でも役員会のあり方が焦点だ。取締役会における多様性については社会的な監視の目も厳しく、規制・法律・慣習の変化に伴って注目度も高まっている。

多くの実証研究は役員会を構成する変数、例えば外部役員の割合・...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2555文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

経済教室

経済学などを専門とする学者や有識者が内外の論文やデータを紹介しながら、学術的な視点から経済の動きをわかりやすく解説します。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません