/

この記事は会員限定です

東芝・みずほ・三菱電機、刷新力なき引責辞任の軽さ

編集委員 安西巧

[有料会員限定]

東芝みずほフィナンシャルグループ三菱電機――。危機的状況に直面した経営トップが、事実上の引責辞任に追い込まれる事例が相次いでいる。不祥事や大規模なトラブルなど会社の信用を揺るがす問題の責任を負い、けじめを付けるのが主眼のはずだが、決断の遅れや中途半端な後継体制によって「人心の一新」に結びついていない。前任者の影響力を一掃できないのであれば、悪(あ)しき体質の改善が果たせないのも無理はない。投...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2681文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン