/

この記事は会員限定です

挫折した入試改革、今後の課題 共通テストの科目再考を

金子元久・筑波大学特命教授

[有料会員限定]

文部科学省の大学入試に関する有識者会議が提言をとりまとめ、2012年以来の高大接続改革論議に区切りがついた。迷走の末に挫折した改革プロセスの問題点とこれからの課題について、この間の経緯に詳しい金子元久・筑波大学特命教授に寄稿してもらった。

ふり返れば、大学入試が政策課題となったのは必然といえる。

第一の背景は「学力観」のシフトである。従来の入試で試されてきた学力は、各学科の固有の論理の中で体系...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2126文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン