/

この記事は会員限定です

ブラックホール撮影の国立天文台、若手「二刀流」に活路

科学記者の目 編集委員 青木慎一

[有料会員限定]

太陽系がある天の川銀河(銀河系)中心のブラックホールの撮影に成功した国立天文台のチームが、若手の雇用確保で新たな取り組みを始めた。企業社員と兼務する「二刀流」で研究を続ける方法を模索するほか、クラウドファンディングで寄付を募る。国の科学技術予算が伸び悩む中で、若手支援に必死だ。

5月12日午後10時、世界7カ所で同時に始まった銀河系中心のブラックホール「いて座Aスター」撮影に関する記者会見。東京...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2099文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン