/

この記事は会員限定です

原子炉で水素の量産研究へ 狙いは人材維持か延命か

編集委員 久保田啓介

[有料会員限定]

政府は脱炭素社会の実現へカギを握る水素燃料を、小型原子炉で量産する研究に着手する。日本原子力研究開発機構の研究炉「高温ガス炉」(茨城県大洗町)を利用し、年明けに試験運転を始める。政府が原子力発電の将来像を明確に示さないなかで、研究を加速させる数少ないプロジェクトだ。中国や一部先進国を除き世界で原子力開発が停滞するなか、水素は救いの手になるのか、延命策にとどまるのか。原発の岐路ともいえる。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2124文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン