/

この記事は会員限定です

賃上げの前に人事評価制度 山元浩二氏

日本人事経営研究室代表

[有料会員限定]

2022年度から中小企業に対しても賃上げ税制が拡充された。優秀な人材の流出を防ぎ、社員のモチベーションを向上させるため、この機会に賃上げや現行の賃金制度改革に取り組みたいと考えている経営者もいるだろう。一方で賃上げには業績向上が前提となるため、人件費を増やせないという中小企業も多いはずだ。

どちらの企業にも伝えたいのは特に中小企業の場合、賃金制度の導入手順や運用方法を間違うと社員のモチベーション...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り973文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン