/

この記事は会員限定です

[社説]企業は親子上場の弊害防止に力を尽くせ

[有料会員限定]

上場企業が子会社も上場させる「親子上場」を、解消する動きが増えてきた。親子上場は子会社の一般株主が弱い立場に置かれる弊害がある。解消の流れは加速させるべきだ。親子上場を続ける場合は、戦略的な必要性を吟味するとともに、弊害を防止するための情報開示を進める必要がある。

東京証券取引所によると、上場親会社をもつ上場企業は2021年末時点で279社だった。ピークの06年に400社を超えていた親子上場は、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り718文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません