/

この記事は会員限定です

「リスクの経済学」に増す関心 不確実性とどう向き合う

Global Economics Trends 酒井泰弘・滋賀大学名誉教授

[有料会員限定]

「リスクと不確実性の経済学」(economics of risk and uncertainty)への期待が高まっている。この2年ほど、新型コロナウイルス感染症によるパンデミック(世界的大流行)という想定外のできごとが世界経済に深刻な打撃を与え、不確実性の問題が再認識されていた。そこに、2022年2月のロシアのウクライナ侵略がもたらした危機的な状況が加わって、不確実性の脅威をさらに鮮明にしている...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り9537文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン