/

この記事は会員限定です

「日本人とは」山村から問い30年 鈴木忠志の演劇と農

[有料会員限定]

日本人とは何か。そんな問いに向き合う演劇が富山県の山村で続けられて、30年がたった。午前は農作業、午後には演劇。82歳の演出家、鈴木忠志が利賀(南砺市)で生みだした「演劇の国」は、社会のあり方を見直す場として存在感を増している。

「日本がお亡くなりに」

鈴木忠志構成・演出の「世界の果てからこんにちはⅠ」でひときわ印象に残るせりふは、なんとも奇妙だ。国が死ぬ?

鈴木主宰の劇団SCOTによる初演は19...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1738文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン