/

この記事は会員限定です

2021年の演劇・舞踊 時代映す作品に成果

[有料会員限定]
今年もコロナ禍で不自由な状態が続いた演劇・舞踊だが、時代を映す成果もあった。各分野の評論家と編集委員が振り返る。

現代演劇 時代の閉塞感を鋭く

①NODA・MAP「フェイクスピア」(5~7月、東京芸術劇場)
②ケムリ研究室「砂の女」(8~9月、シアタートラム)
③神奈川芸術劇場「未練の幽霊と怪物」(6月、同劇場)

①は作・演出の野田秀樹による「見立て」の演出がさえわたった。飛行機が制御を失う恐怖の時間を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1824文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン