/

この記事は会員限定です

日本のドカ貧防げるか 危うい兆候あちこちに 

編集委員 前田昌孝

[有料会員限定]

「預金一辺倒ではインフレに弱いので、株式投資をしよう」。あちこちからこんな声が出始めた。しかし、インフレに伴う金利上昇は日本経済をますます追い込む恐れもある。政府統計のごまかし、無責任な政策発動、企業活動への過度な介入と、経済を危うくする話も目につく。政治構造から企業経営まで多くの分野で方向転換が必要になってきている。余力を使い果たす前に軌道修正ができるだろうか。

振り返れば、2009年10月に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2260文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン