/

この記事は会員限定です

海外子女、国越え結ぶ 日本人学校が連携

綿引宏行・海外子女教育振興財団理事長

[有料会員限定]

異国で学ぶ日本人の子どもの支援が新しい局面を迎えている。公益財団法人・海外子女教育振興財団(JOES)の綿引宏行理事長は、日本人学校などの在外教育施設を将来世代や国際感覚豊かな教師を育てる場として生かすことを提案する。

海外勤務により我が子の教育を異国の地で受けさせる。それがどれだけ不安なことか。この問題に対応し、海外駐在員家庭の子どもの教育を支援することが、1971年に経済界が中心となって...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2178文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン