/

この記事は会員限定です

中国の権威主義、途上国に浸透 ベンジャミン・ヤング氏

米バージニア・コモンウェルス大学助教授

[有料会員限定]

中国共産党は11月、100年の歴史のなかで3回目の「歴史決議」を採択した。習近平(シー・ジンピン)総書記(国家主席)を毛沢東、鄧小平と並ぶ党指導者と位置づけた。(一党独裁の)中国共産党は対外的には、外交窓口である中央対外連絡部(中連部)を通じ、権威主義的なモデルを発展途上国に広める。例えば、サハラ砂漠以南のアフリカ諸国の政党と関係を構築し、深化させようとしているようだ。

習氏はこうした活動を、中...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1477文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン