/

この記事は会員限定です

失敗は「成長」のもと AuB社長の鈴木啓太さん

先輩に聞く 腸内環境を研究、健康事業に

[有料会員限定]

サッカー元日本代表の鈴木啓太さん(40)は引退後、実業界に身を転じた。現役時代には、オシム元日本代表監督から、その献身的な守備で「水を運ぶ人」と評され、攻撃力の底上げに貢献した。いまはアスリートの「うんち」に含まれる腸内細菌を研究し、サプリメント開発などに生かすAuB(オーブ、東京・中央)の社長として健康の底上げに情熱を注ぐ。

調理師免許を持つ母から「人間は腸が一番大事」「便を見なさい」と言われて育った。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1264文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン